毎月の固定費はカード払いにする

口座引落はもったいない

一人暮らしや持ち家がある人であれば、毎月の光熱費もけっこうな金額になると思いますし、家族と同居している人でも、携帯電話代とか毎月口座から引き落とされるものはあると思います。

基本的に口座から毎月自動で引き落とされるのであれば、毎月自動でクレジットカードから支払った方がポイントが付与されて得です。

これらの料金は毎月数万円は支払うことになるので、それらをクレジットカード払いに切り替えるだけで、毎月数百円〜ヘタすると1,000円以上がポイントで還元されます。

確かに手続きがちょっと面倒クサイと感じますが、1度手続きしてしまうと放ったらかしなので、クレジットカードのポイントをもらうためです。

通帳から毎月引き落とされている内容をチェックしてみて、クレジットカードで支払えそうなものはクレジットカード払いに切り替えましょう。

カード会社のホームページから直接手続きできるものもある

アナタが持っているクレジットカードの利用明細なんかが確認できるサイトで、クレジットカードで支払うことができる公共料金などの種類と、その手続き方法が書いてあることが多いです。

電気代などだったら直接電気会社なんかに連絡したりすることなく、カード会社のサイトから直接クレジットカード払いを申し込むことができるので、まずはカード会社のホームページから手続きができないか、確認してみましょう。

カード会社のホームページで手続きできなくても、手続き方法が書いてくれてある場合もある

カードのホームページで手続きできないときでも、電気会社やガス会社での手続きページへが書かれたホームページへのリンク先を書いてくれている場合があります。

直接手続きできなくて手間ではありますが、直接の支払先である電気会社やガス会社のホームページで直接手続きできることもありますし、手続き方法が書かれていたりします。

カード会社のホームページで分からない場合は、直接支払い先の会社などのホームページで確認する必要がある

マイナーなケーブルテレビやプロバイダなどだと、クレジットカード会社のホームページには書いていないけどクレジットカード払いができる場合がよくあります。

私自身、奈良県でローカルなケーブルテレビの月額使用料をクレジットカード払いで支払っていますが、クレジットカード会社のホームページには書いてありませんでした。

なので、クレジットカード会社のホームページに書いていないとクレジットカードで払えない、という意味ではありませんので、直接その会社のホームページを探してみて確認してみましょう。

そういうローカルなケーブルテレビなどだと、電話してクレジットカード払いの申込書を郵送で自宅宛に送ってもらい、カード番号や住所・氏名を記入して返送するという、何とも手間な手続き方法にはなってしまいますが、1度手続きしてしまうと毎月勝手にクレジットカードから払えますので、面倒クサイ手続きに1回だけ耐えてください。

毎月の支払いというと、例えばこんな感じがあると思います。

・電気

注意が必要なのは、口座振替は電気代の金額に関わらず月額54円が割引になるということです。

この金額はアナタの毎月の電気代の金額によって、何%の割引になっているのか変わってきますので、クレジットカードの還元率と月額54円の割引のどちらがお得か、比較してから口座振替のまま支払うのか、クレジットカードで支払うのか決めましょう。

・ガス

・水道

・NHK受信料

・新聞代

・ケーブルテレビ

・プロバイダ料金

・固定電話代

・携帯電話代

まとめ

・毎月支払う光熱費などは、手続きは面倒くさいけど同じ支払うならクレジットカードで支払うべき。

・電気代は口座振替だと固定で月額54円が割引されるので、クレジットカードの還元率によっては口座振替のままの方が得な場合もあるので注意。

・クレジットカード会社のホームページを参考に手続きをする。

・クレジットカード会社のホームページに載っていない場合でもクレジットカード払いができることもよくある。直接その料金を支払う会社のホームページなどで確認する。

高還元率カードオススメランキング