WAONを使うならイオンカードセレクトで最高還元率7%を実現

WAONロゴ

イオンでよく日常生活の買い物をよくするなら、電子マネーWAONによるポイントを少しでも多く獲得することで、生活費を節約したいとお考えではないでしょうか? また、WAONは、牛丼の吉野家で利用することができる唯一の電子マネーです。吉野家をよく利用するのであれば、WAON利用とチャージ、両方のポイントを獲得するのがオススメです。

WAONとは、イオン株式会社が運営する電子マネーの名称です。WAONは利用額の0.5%に相当するWAONポイントを獲得することができます。しかし、WAONチャージでポイントが付与されるクレジットカードは、イオンカートセレクト1種類のみです。イオンカードは非常に多くの種類が発行されていますが、イオンカードセレクト以外でWAONチャージしても、ポイントは一切付与されません。

また、イオンカードセレクトでWAONチャージのポイントを獲得するためには、イオン銀行口座からのオートチャージを設定していることが必要です。イオンカードセレクトで普通にWAONチャージしてもポイントが付与されないのです。

このページでは、電子マネーWAONについての詳細と、イオンカードセレクトでWAONチャージポイントを獲得するための方法などを詳しく説明します。

WAONはイオングループ以外でも幅広く使える

WAONと言えばイオングループで利用することができる電子マネーです。しかし、それだけではありません。ほかにも、ヤマト運輸(宅急便の送料など)やマクドナルド、吉野家をはじめ、以下の場所で使うことができます。

WAONが使えるところ

なお、吉野家は現金以外の支払い方法はWAONだけなので、平日のお昼ごはんに吉野家をよく使うなら必携です。

吉野家WAONカード

ちなみに、吉野家WAONカードはデザインが吉野家なだけで、吉野家でしか使えないわけではありません。吉野家で普通のWAONカードを利用でき、逆に吉野家WAONカードをイオンなどで使うことも可能です。

WAON利用でポイント還元率0.5%

WAONはどこで使っても、200円の利用につき対してWAONポイントが1ポイント付与されます。

100WAONポイント=WAON100円分と交換できるので、WAON利用でのポイント還元率は0.5%になります。

WAONステーション

電子マネーの利用で還元率0.5%という数字は、特別魅力のあるものではありません。楽天Edyも同じ還元率0.5%です。また、nanacoは還元率1.0%であることを考えると、WAONはむしろ見劣りする電子マネーです。

しかし、イオンの各店舗でWAONで支払いをすると次のようなメリットがあります。食品などの日常生活用品をイオンで買っているなら、大きな恩恵が受けられます。

イオンの各店舗でWAONを使うメリット

  • 毎月10日は「ありが10デー」でWAONポイント5倍 → 還元率2.5%
  • 毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」で買い物代金5%OFF → 還元率5.5%
  • 毎月5日・15日・25日は「お客さまわくわくデー」でWAONポイント2倍 → 還元率1%
  • 毎週火曜日は火曜市WAONトクトクポイントで直営市場にて3,000円以上(税込)の買い物で100ポイント
    → 還元率最大3.8%(3,000円WAON利用した場合)
  • 毎月15日は「G.G感謝デー」で、55歳の人は買い物代金5%OFF、ポイント2倍 → 還元率6.0%

上記のとおり、毎週何かしらの優遇が受けられます。

WAONには5種類のタイプがある

WAONは以下の表のとおり、5種類のタイプが用意されています。

WAONのタイプと可能なチャージ方法

クレジットカード
一体型
追加カード
(WAONカード
プラス)
WAONカード モバイルタイプ イオン銀行
キャッシュカード
一体型
代表的な券面など card-040 card-014 card-014 2008-04-02  c0006
発行手数料 無料 300円 300円 無料 無料
チャージ方法 現金
クレジット
カード
× ×
イオン銀行
(イオンカード
セレクトのみ)
× × ×

WAON利用ポイント0.5%は必ずもらえる

WAONは200円の利用につき1WAONポイントが、どのタイプのWAONで使っても付与されます。

ポイント付与対象外となる店舗や条件などもないので、その辺は良心的と言えます。

ただ、チャージでのポイントとなると利用ほど甘くはありません。

WAONチャージでポイント付与されるのはイオンカードセレクトのみ

多くの電子マネーであれば、チャージでポイント付与されるクレジットカードが複数用意されているものですが、WAONに関しては、クレジットカードでチャージしてもまったくポイント付与されません

後で詳しく説明しますが、WAONチャージでポイント付与されるのは、イオンカードセレクトというクレジットカード1種類だけです。

多くの種類が発行されているイオンカードであっても、イオンカードセレクト以外はクレジットカードからチャージしてもまったくポイント付与されません。

イオンカードセレクト以外であれば、どんな方法でチャージしてもポイント付与されないので、選ぶポイントとしては利便性や好みだけの問題になります。

WAONカードプラスとWAONカードのちがいはクレジットカードチャージ

WAONカードプラスとWAONカードは、デザインが同じカードなので区別がつきにくいですが、前者はクレジットカードの追加カードとして持てるカードで、後者はクレジットカードとは関係なく、単体で持つことができるカードです。

WAONカードプラスは親カードであるクレジットカードからチャージできるのに対し、プラスがつかないWAONカードは現金でしかチャージすることができません。

イオン銀行のキャッシュカードはオートチャージ可能

イオン銀行のキャッシュカードでも、WAON一体型があります。

他の電子マネーだと一体型であってもオートチャージに対応していない事がほとんどですが、これの場合はイオン銀行の口座からオートチャージできるという便利な機能もあります。

ただし、この方法を使ってもチャージによるポイントは付与されません。

火曜市はWAON利用、ハガキが届いたときはイオンカードが得

イオンをよく利用される人の多くが抱く、「イオンカードとWAON、どちらが得なのか?」という疑問。

両者を細かくくらべてみました。

優待セール 実施日 card-040
イオンカード
利用時
waon
WAON
利用時
ありが10デー 毎月10日 ・ポイント5倍
還元率2.5%
お客さま感謝デー 毎月
20日・30日
・5%OFF
・利用ポイント0.5%
トータル還元率5.5%
お客さまわくわくデー 毎月
5日・15日・25日
・ポイント2倍
還元率1.0%
火曜市
WAONトクトクポイント
(直営市場にて
3,000円以上(税込)の
買い物)
毎週火曜日 対象外
(利用ポイント
0.5%
・100ポイント
・利用ポイント0.5%
トータル還元率3.8%
(3,000円利用時)
G.G感謝デー
(55歳以上で
GGイオンカードセレクト
保有者が対象)
毎月15日 ・5%OFF
・利用ポイント2倍
トータル還元率6.0%
サンキューパスポート
(ハガキが届いた人限定)
自分の好きな日 衣類・日用品
5〜10%オフ
利用ポイント0.5%
トータル還元率
5.5〜10.5%
対象外
(利用ポイント
0.5%
バースデーパスポート
(ハガキが届いた人限定)
誕生月で
自分の好きな日
 衣類・日用品・食品
10%オフ
利用ポイント0.5%
トータル還元率
10.5%
 対象外
(利用ポイント
0.5%

基本的にはイオンカードもWAON利用も似たような待遇ですが、上の表で赤い部分3か所が異なっています。

イオンの各店舗での、イオンカードとWAONの優待のちがい

  • 火曜市はWAON利用だけの優待
  • ハガキが届いたときはイオンカード利用だけの優待

上で挙げた以外の場面では、イオンカードとWAONのどちらを使っても還元率はまったく同じです。

しかし、そこにWAONチャージでもポイントを獲得することができれば、ハガキが届いたとき以外はイオンカードよりもWAONを使ったほうが得になります。

イオンカードセレクトでのチャージ還元率は0.5%〜1.5%

すでに触れたように、WAONチャージでポイント付与されるクレジットカードはたったの1種類、イオンカードセレクトだけです。

後ろにセレクトがつくイオンカード

見た感じイオンカードとほとんど変わりませんが、このカードはクレジットカードと電子マネーWAON、イオン銀行のキャッシュカードの3つの機能が一体となった多機能カードなのです。

イオン銀行の口座が必要

イオンカードセレクトがイオン銀行のキャッシュカードの機能もついているということは、このカードを持つためにはイオン銀行の口座が必要です。

そしてこのカードは、利用代金の引き落とし口座はイオン銀行のみ指定することができます。

WAONチャージでポイントを獲得するためには、イオン銀行の口座が必須

イオン銀行口座を持っていない場合、イオンカードセレクト申し込みと同時に口座開設することができます。

イオン銀行口座からのオートチャージ設定が必要

イオンカードセレクトはクレジットカードなのですが、WAONチャージでポイント付与されるためには、イオン銀行口座からのオートチャージを設定していないといけません。

これで初めて、WAONチャージ200円につき、ときめきポイントが1ポイント付与され、これを1,000ポイント貯めると1,000WAONポイントに交換することができます。

チャージによる基本的なポイント還元率は0.5%です。

WAONチャージでポイントを獲得するためには、イオン銀行口座からのオートチャージ設定が必要

イオンカードセレクト申し込みの際にオートチャージ設定も申し込むことができるので、忘れず設定しましょう。

銀行口座からレジで会計をしたタイミングでのオートチャージなので、そのときにイオン銀行の口座残高がないとオートチャージができません

後日請求があって口座から引き落とされるワケではないので、WAONチャージ用のお金を入金しておきましょう。

家族カードだとポイント付与されない

このカードは家族カードに申し込んで持つことができますが、家族カードでWAONチャージした場合はイオン銀行の口座からではなく、クレジットカードからチャージした扱いとなり、チャージポイントが付与されません

ご夫婦などや親子など、家族の複数人がWAONチャージでのポイントを当てにしている場合は、家族カードを作るのではなく、それぞれにカードを申し込むようにしましょう。

イオンカードセレクトの家族カードはWAONチャージでポイント付与されません。

楽天EdyやSuicaとくらべると、チャージでポイント付与されるしくみが複雑ではありますが、イオンで食品や日用品を買っているのであれば、その支払い額もかなり大きくなります。

WAONのチャージでも利用でもポイントを獲得できれば家計の節約につながりますので、イオンカードセレクトに申し込んでWAONを活用することを強くオススメします。

イオンカードセレクトの申し込みはこちら

6か月間の利用額によってチャージ還元率が最大1.5%になる

イオンカードセレクトとWAONの6か月間の利用額の合計に応じて、毎月5日・15日・25日のWAONチャージのポイント付与率がアップします。

イオン銀行ステージ

イオン銀行ポイントクラブのページで詳しく説明してくれています。

なお、ここで言うイオンカードセレクトとWAONの利用とは、イオンの各店舗に限らず、クレジットカードやWAONが使えるお店ならどこでも対象になります。

また、WAONチャージで最大1.5%の還元率を達成できれば、イオンの各店舗での毎月20日と30日のお客さま感謝デーと組み合わせると、最大で7%の還元率が実現します。

普段イオンで食品や生活用品を買っているなら、7%もポイント還元されるのはかなりの節約になるハズ。

そして、具体的にいくら使えばステージが上がるのかと言うと、

WAONチャージステージ判定

6か月のステージ判定期間(4月〜9月と10月〜翌年3月)にイオンカードセレクトとWAONとの合計で次の利用額があれば、次のステージ判定期間の6か月はチャージによるポイントがアップします。

6か月間の
利用金額
10万円未満 10万円以上 30万円以上 50万円以上
月平均での
利用金額
約1万6,600円 約1万6,600円
以上
5万円以上 8万3,300円
以上
チャージによる
ポイント還元率
0.5% 0.75% 1.0% 1.5%

イオンカードセレクトやWAONをどこで使ってもステージ判定の利用額には含まれますが、特にイオンカードセレクトはイオンの優待がなければ還元率0.5%という平凡なカードなので、WAONチャージのポイント還元率を上げるためだけにイオン以外の場所でこのカードを使うのはあまり得策とは思えません。

ただ、普段からイオンでよく買い物をする人であれば、この恩恵は十分に受けることができるでしょう。

5のつく日にできるだけチャージする方法

上で、6か月のステージ判定期間の利用額に応じてWAONチャージ還元率が最大1.5%までアップすると書きましたが、毎月5日・15日・25日と、5のつく日にチャージしなければボーナスポイントは適用されません。

さらにオートチャージでないとWAONチャージポイントは付与されないので、毎月5日・15日・25日にオートチャージされないとチャージポイントがアップしないという、なかなか難しい条件になっています。

毎月5のつく日にしかイオンで買い物しないのであれば何の問題もありませんが、食品や生活用品など、普段よくイオンで買い物していて、たまたま5のつかない日にオートチャージされてしまった場合、チャージポイントの還元率は一律0.5%となってしまいます。

このような事故(?)を防ぎ、最大限ボーナスポイントが獲得できるようにするワザがありますので紹介します。

5のつく日に最大限オートチャージされるよう設定する

WAONのオートチャージは、残高がいくら以下になったらいくらオートチャージされるのか?

イオンに設置されているWAONステーションで1日1回のみ設定を変更することができます。

オートチャージの設定方法については、WAON公式サイトのオートチャージ(自動入金)の方法で詳しく説明してくれています。

WAONオートチャージ設定変更

まず、5のつく日にWAONステーションで設定を変更します。

この日にWAONのオートチャージすればボーナスポイントがあるので、ぜひオートチャージしておきたいものです。

イオンカードセレクトは、WAON残高は最高5万円、1回でオートチャージできる最高額は2万9千円です。

WAONステーションで、オートチャージを次のように設定します。

WAON残高が

49,000円

を下回ったら、

29,000円

オートチャージします。

この状態でイオンをはじめとするオートチャージ可能な店舗でWAONを使うと、WAON残高が4万9千円以下のとき、オートチャージできる上限の2万9千円をチャージできます。

WAON残高は最高5万円なので、ほぼ確実にオートチャージされます。

イオンカードセレクトだけは、1日に1回しかオートチャージされないようになっているので、5のつく日に2回レジで支払いをしてWAON残高を上限の5万円にしておくという作戦は使えません。

なお、WAON一体型のイオンカードや、クレジットカードの追加カードであるWAONカードプラスのオートチャージは1日に何度でもできますが、チャージによるポイント付与は一切ありません。

イオンカードセレクトのオートチャージのしくみ

  • イオンカードセレクトのみ、オートチャージは1日1回しかできません。
  • 1回のオートチャージの上限は2万9千円です。
  • オートチャージ後の残高は5万円が最高で、これを超える場合には、5万円までしかオートチャージされません。
  • イオン銀行の口座残高が不足しているとオートチャージされないので、前もって確認しておきましょう。
  • ファミリーマート、マクドナルド、ヤマト運輸直営店など一部の店舗では、オートチャージされません。

5のつかない日には、極力オートチャージされないように設定する

5のつかない日であれば、オートチャージされてしまうとボーナスポイントが獲得できないので、できればオートチャージして欲しくありません。

かと言って、オートチャージ後の金額があまりに少なくても普段の買い物が不便なので、それに支障が出ない範囲で設定します。

WAON残高が

1,000円

を下回ったら、

《1,000円から2万9千円の間の範囲で1日の買い物で困らない金額》

オートチャージします。

残高の1,000円は、設定できる最低の金額です。

つまり、WAONはギリギリまでオートチャージされません。

そして、オートチャージする金額も極力少なくしたいところですが、この金額が1度の買い物の額よりも少ないとWAONで支払うことができないので、普段イオンに行ったときの1日の買い物の支払いに困らない額を設定します。

なお、イオンカードセレクトだけは1日に1度しかオートチャージできない点も注意が必要です。

5のつく日とつかない日で、オートチャージの設定を変更して最大限チャージポイントをもらいましょう!

ちょっとややこしくて面倒ですが、イオンで毎月数万円の買い物をしている人であれば、これをやるとやらないのとで得できる金額が大きく変わって来ます。

オートチャージのボーナスポイントとイオンの待遇セールを活用して、普段の生活での買い物代で得をしましょう。

イオンカードセレクトの申し込みはこちら

WAONチャージできるクレジットカード

WAONチャージでポイント付与されるのはイオンカードセレクトだけですが、ポイント付与の対象外ではあるものの、イオンカードを中心に、三井住友カードやゆうちょ銀行カードでもWAONを使うことができるカードがあります。

なお、イオンカードであってもすべてのカードでWAONが使えるワケではありませんし、カードによって一体型や追加カード、モバイルでの利用のできる、できないが複雑に異なっています。

なお、下の表のカードでのチャージはすべてポイント付与対象外ですが、WAONの利用ポイントは付与されます。

カード名 年会費
(税込)
一体型 専用
カード
モバイル 備考
イオンカード

g_official01

無料 ×
イオンカード
(WAON一体型)
card-040

g_official01

無料 ×
G.Gイオンカード

g_official01

無料 × 55歳以上限定
G.Gイオンカード
(WAON一体型)
card-040

g_official01

無料 × 55歳以上限定
イオンSuicaカード

g_official01

g_detail02

無料 ×
イオンカードKitaca

g_official01

無料 × ×
イオンSUGOCAカード

g_official01

無料 × ×
イオンETC一体型カード
card-134

g_official01

無料 ×
イオン
THRU WAYカード
(WAON一体型)

g_official01

無料 × ×
イオン
E-NEXCO passカード
(WAON一体型)

g_official01

無料 × ×
イオン
NEXCO中日本カード
(WAON一体型)

g_official01

無料 × ×
イオンサンデーカード

g_official01

無料 ×
ベネッセ・イオンカード

g_official01

無料 × ×
イオンゴールドカード
card-064

g_official01

※招待制のため申込不可

無料 ×
コスモ・ザ・カード
・オーパス

g_official01

無料 ×
三菱商事石油
イオンカード

g_official01

無料 × ×
荘銀イオンカード
card-132

g_official01

無料 ×
とりぎんイオンカード
card-017

g_official01

無料 ×
福銀イオンカード
card-130

g_official01

無料 ×
三重銀イオンカード
card-121

g_official01

無料 ×
三井住友カード
デビュープラス
001_DB_CD_F_rs

g_official01

無料  × × 18〜25歳限定
三井住友VISA
クラシックカード
visa_classic

g_official01

1,350円
※初年度無料
 × ×
三井住友VISA
クラシックカードA
mitsuisumitomovisa_classica

g_official01

1,620円
※初年度無料
× ×
三井住友
アミティエカード
amitie_l

g_official01

1,350円
※初年度無料
× × 女性限定
三井住友VISA
エグゼクティブカード
m-mituisumicard-exective

g_official01

3,240円
※初年度無料
× ×
三井住友VISA
プライムゴールドカード
2443029

g_official01

5,400円
※初年度無料
× × 20代までが持てる
ゴールドカード
三井住友VISA
ゴールドカード
三井住友ゴールドカード

g_official01

10,800円 × ×
三井住友VISA
プラチナカード
三井住友プラチナ

g_official01

54,000円 × ×
JP BANK VISAカード
ALente(アレンテ)
jp_bankcard_alente

g_official01

 1,350円
※初年度無料
※前年1回以上の
利用で無料
× ×  18〜29歳限定
JP BANK
VISAカード
/マスターカード
jp_bankcard

g_official01

(キャッシュカード
一体型)

g_official01

(キャッシュカード
機能なし)

1,350円
※初年度無料
※一定条件で
無料
× ×

イオンをそんなによく使うワケではないけど、吉野家やヤマト運輸などでWAONを使ってポイントが欲しいという理由でWAONカードを持つなら、年会費無料のイオンカードでWAON一体型のものを選ぶか、お持ちのスマホや携帯電話が対応しているのであれば、モバイルWAONも手数料や年会費が発生しないのでオススメです。

追加カードだと300円の発行手数料がかかってしまうのは、利用額が少ないとちょっともったいない気がします。

三井住友カードやJP BANKカードでも追加カードとしてWAONカードが用意されており、現在これらのカードを持っているなら追加カードを申し込むのが手間が少なくて済みますが、先ほども書いたように300円の発行手数料がかかってしまいます。

また、WAON使うためだけに年会費が発生するこれらのカードに新規で申し込んで持つのはあまりよい選択とは言えません。

まとめ

  • WAONチャージでポイントが獲得できれば、イオンではイオンカードを使うよりお得に買い物できる。
  • WAONチャージでポイント付与されるクレジットカードは、イオン銀行のキャッシュカードとWAONとクレジットカードが一体になったイオンカードセレクトのみ
  • イオンカードセレクトを持った上で、イオン銀行口座からのオートチャージでポイント付与される。
  • イオンカードセレクトの家族カードではチャージポイントは付与されないので注意。
  • 6ヶ月間のイオンカード・WAONの利用額によって、チャージによる還元率は0.5%〜1.5%とアップする。
  • チャージポイントがアップするのは、毎月5日・15日・25日のオートチャージのみ。
    WAONステーションでオートチャージの設定を変更すれば、この恩恵を最大限に受けられる。
  • イオンカードセレクト以外にもWAONを持つことができるカードはあるが、チャージポイントは一切獲得できず、WAON利用による0.5%のみの還元となる。

イオンカードセレクトの申し込みはこちら

WAONだけでなく、他の電子マネーチャージだったらどんなカードが得なのか?

気になったのでいろいろ調べてみました。

電子マネーごとに得するオススメカード

高還元率カードオススメランキング