楽天Edyチャージ最高還元率1.2%のリクルートカード

楽天Edyキャッチ

2001年にSuicaとともに、日本で初めて導入されたプリペイド(前払い)式の電子マネーです。

当初はソニーなどが出資したビットワレットという企業がEdy(楽天が付かない)という名前で運営していましたが、この会社が楽天の傘下となって、2012年からは現在の楽天Edyという名称になっています。

Edy名称変更

利用可能店舗が最も多い電子マネー

nanacoやSuica、電子マネーは何種類かありますが、この楽天Edyが利用可能店舗数か最多の電子マネーです。使える店舗が多いということは、それだけ使い勝手がよいと言えます。

楽天Edy利用の0.5%が還元

楽天Edyは、200円の利用につき1ポイントの楽天スーパーポイントが獲得できます。楽天スーパーポイントは1ポイント=1円で使えるので、楽天Edyを利用するだけで還元率0.5%になります。

チャージと利用でポイント二重取りができる

種類は限られますが、楽天Edyチャージに使ってポイント付与されるクレジットカードが存在します。

そんなクレジットカードで楽天Edyにチャージしてクレジットカードのポイントを、楽天Edyを使って0.5%の楽天スーパーポイントを付与してもらうと、場合によってはクレジットカードをそのまま使うよりも一旦チャージしてから楽天Edyで支払った方が得になります。

楽天Edyチャージのポイント二重取り

楽天Edyチャージにオススメのカードはリクルートカード

楽天Edyチャージでポイントが獲得できるカードは他の電子マネーとくらべると少なく、代表的なものは以下のとおりです。

カード
年会費
(税込)
楽天Edy
チャージ
還元率
一体型 備考
リクルートカードVisa
リクルートカードVisa

g_official01

g_detail02

無料 1.2% Visaブランドのみ
JCBブランドは対象外
楽天カード
楽天カード

g_official01

g_detail02

無料 0.5%  ○ 通常のカード利用は
ポイント還元率1.0%
エポスカードVISA

g_official01

無料 0.5%
ライフカード
lifecard

g_official01

g_detail02

無料 0.25% 楽天Edyチャージは
誕生月
ポイント5倍の
対象外

楽天カードよりもお得なリクルートカード

楽天Edyという時点で楽天カードが最も得なのかと思いきや、楽天Edyチャージで最も多くのポイントが獲得できるカードはリクルートカードです。

リクルートカードだけは他のカードの倍以上のポイントが付与されるので、楽天Edyを活用するならぜひ持っておきたいです。

リクルートカードでも、Visaブランドでないと楽天Edyチャージのポイントは付与されません。
JCBブランドではポイントが獲得できないので注意しましょう。

楽天カードは楽天Edy機能を搭載

楽天Edyチャージで獲得できるポイントは、通常のカード利用の半分の0.5%と下がってしまう楽天カードですが、クレジットカードに楽天Edyの機能を搭載した一体型カードになっています。

もし一体型カードが欲しいと考えているなら、間違いなく楽天カードに申し込みましょう。

1枚2役の楽天カード

エポスカードは即日発行できる

楽天Edyチャージに関しては、楽天カードと同じ0.5%のポイント還元率であるエポスカードですが、このカードはマルイのエポスサービスカウンターに足を運べば、最短30分でカードを申し込んで持つことができるカードです。

また、インターネットでの申し込みであっても、かなり早く手元にカードが届くので、とにかく急いで楽天Edyチャージでポイントが獲得できるカードが欲しいという場合にオススメです。

エポスサービスカウンター

ライフカードは誕生月ポイント5倍の対象外

通常のカード利用だと平凡なポイント還元率のライフカードですが、誕生月のカード利用のみポイント5倍と魅力的な高還元率クレジットカードになります。

しかし、楽天Edyチャージに関してはポイント付与率が通常のカード利用の半分になってしまう上に、誕生月ポイント5倍の対象外となっているので、数少ない楽天Edyチャージでポイントが獲得できるカードとしては貴重ですが、ライフカードの魅力を引き出すことはできません。

誕生月にライフカードで楽天Edyチャージするメリットは何もありません

楽天Edyをフル活用するならおサイフケータイ

楽天Edyを使う方法は、次の5種類があり、下の表のようなちがいがあります。

  1. おサイフケータイ
  2. iPhone+おサイフケータイジャケット
  3. iPhone+Edy 楽天ポイントカード+カードリーダ/ライター
  4. Edy楽天ポイントカード+カードリーダ
  5. 楽天カード
種類 Edy
楽天ポイントカード
単体
Edy機能付き
楽天カード
おサイフケータイ iPhone
おサイフケータイ
ジャケット
カードリーダ
/ライター
楽天Edyカード img_card-charge01 unnamed img_setup02 img_iphone02
チャージ
方法
現金
楽天
スーパーポイント
× ×
クレジットカード
(パソコンとカードリーダーが必要)
オートチャージ
(クレジット
カード)
× ×
楽天会員ID
チャージ
× ×
銀行口座 × × × ×
必要な費用 購入費用
100円
(税込、送料別)
初回費用
カード年会費
ともに無料
無料 購入費用
(ジャケットと
対応ケース)
 購入費用
(カードリーダー
ライターとEdyカード)

もっともオススメはおサイフケータイ

おサイフケータイに対応したスマホや携帯電話を使っていれば、アプリをダウンロードするだけでチャージするクレジットカードを登録し、店頭で使うことができます。

また、残高が一定金額以下になれば、自動的にチャージしてくれるオートチャージも利用可能です。

おサイフケータイのみ、利用により獲得できるポイントを13種類から選べる

200円の利用につき1ポイントを、楽天スーパーポイントで獲得することができますが、おサイフケータイだけは、楽天スーパーポイントを含め次の13種類の中から獲得するポイントを選択することができます。

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAマイル
  • Pontaポイント
  • GREEコイン
  • au WALLETポイント
  • Tポイント
  • ヨドバシゴールドポイント
  • ヤマダポイント
  • エポスポイント
  • ビックポイント
  • プレミアムドライバーズカード
  • マツモトキヨシ
  • エディオンポイント

このことから見ても、おサイフケータイを持っているならぜひ楽天Edyで活用したいところです。

パソコン用のカードリーダーで楽天Edyカードにチャージ

もしおサイフケータイを使っていない場合は、楽天Edyカードに自宅のパソコンでクレジットカードからチャージして使う方法がオススメです。

楽天Edyリーダー

パソコンにFeliCaを内蔵していれば、Edyカードを用意するだけで使うことができますが、たいていのパソコンでは内蔵していないので、カードリーダーを購入する必要があります。

楽天EdyリーダーUSB型は楽天Edyオフィシャルショップで購入できます

このカード利用は、他の電子マネーでも利用可能なので、いろんな電子マネーを活用しているなら特に持っておくことをオススメします。

ただ、カードリーダーはWindowsのみ対応で、Macでは使用することができませんので注意しましょう。

楽天Edyカードも購入する必要がある

そして、カードリーダーだけでは楽天Edyを使うことはできません。

チャージや店頭で支払うためにはEdyカードが必要ですが、これも楽天市場で100円(送料別)で購入する必要があります。

楽天Edyカードも購入

楽天Edyカードを購入しなくても、楽天カードに申し込めばタダで楽天Edy機能が搭載されてはいますが、これだと楽天カードでしかチャージできないため、ここでは購入する方法を紹介しました。

もし楽天Edyは使いたいけど、楽天Edyカードに絶対にお金を払いたくないという場合、楽天カードに申し込むという選択肢もあります。

Edy-楽天ポイントカードも楽天Edyオフィシャルショップで購入できます

iPhoneをカードリーダーライターと接続して楽天Edyカードチャージ

先ほどWindowsのパソコンで楽天Edyカードにチャージして使う方法を紹介しましたが、iPhoneやiPadがあれば、パソコンの代わりにそちらからEdyカードにチャージして使うこともできます。

iPhoneでカードリーダーライター接続

楽天Edy以外の電子マネーでも使用可能

このカードリーダーライターは、Suicaやnanacoなど他の広く使われている電子マネーのチャージなどでも活用できるので、いろんな電子マネーを活用しているなら持っておいて損はありません。

楽天Edyオフィシャルショップで手に入れることができます。

iPhone/iPadで楽天Edyチャージできるカードリーダーライターはこちら

iPhoneをおサイフケータイとして使う

iPhoneはFeliCaを内蔵していないので、通常はおサイフケータイとして使えないのですが、おサイフケータイジャケットを使用することによって、楽天Edyに関してはおサイフケータイと同じように使うことができます。

楽天Edyを日頃よく使っていて、おサイフケータイのようにiPhoneだけを持ち歩いて買い物をしたい場合にはオススメできます。

この画像のおサイフケータイジャケットを、機種ごとの対応ケースでiPhoneに装着することによって、iPhoneがおサイフケータイに変身します。

おサイフケータイジャケットは、Suicaやnanacoでは使えません。

おサイフケータイジャケットは、次の電子マネーなどに対応しています。

  • 楽天Edy
  • iD(ただし、ドコモのSPモードの契約が必要)
  • QUICPay
  • ANAスキップサービス
  • ヨドバシカメラゴールドポイント

これ以外の電子マネーには対応していないのが欠点で、6,000円ほどの費用がかかってしまう事も考えると、先ほど挙げたカードリーダーライターの方がオススメです。

楽天カードは入会するだけで最低2,000円相当のポイントがもらえる

楽天Edyをクレジットカードでチャージしてポイントを獲得するには、おサイフケータイを持っていない場合だと、楽天Edyカードやカードリーダライターを買わないとなりません。

これらは場合によっては数千円の費用がかかるので、使う・使わないは別として、楽天カードに申し込んで持つだけでもれなくもらえる2,000円相当の楽天スーパーポイントで購入しましょう。

タイミングがよければ、2,000円以上のポイントが獲得できる場合があります。

楽天カードに申し込んでカードリーダーやEdyカード代を安くする

まとめ

  • 楽天Edyチャージにオススメのクレジットカードは、リクルートカードのVisaブランド。
  • 楽天Edyをリクルートカードでチャージするためには、次のどれかが必要。
    ①おサイフケータイ
    ②Windowsのパソコン用カードリーダーと楽天Edyカード
    ③iPhone/iPad用カードリーダーライターと楽天Edyカード
    ④iPhone用おサイフケータイジャケット
  • どれもコストがかかってしまうので、楽天カードの入会特典2,000円相当でそろえるのがお得

リクルートカードの申し込みはこちら

楽天Edyだけでなく、他の電子マネーチャージだったらどんなカードが得なのか?

気になったのでいろいろ調べてみました。

電子マネーごとに得するオススメカード

高還元率カードオススメランキング