VIASOカードはネットショッピングに特化、年会費無料で毎年自動キャッシュバック

年会費 ポイント還元率 ポイント 国際ブランド
無料 0.5% VIASO
ポイントプログラム
MasterCard
旅行傷害保険 追加カード 電子マネー 最短
発行日数
海外:最大
2,000万円
(利用付帯)
追加カード edyロゴ
suicaロゴicocaロゴ
すべて
ポイント付与対象外
1日

VIASOカードは、カード利用額に応じて年1回自動的にキャッシュバックくれる、ポイント交換の手間が一切必要ないカードです。

還元率で得する!とか面倒くさくてどうでもいいから、手間がかからないカードがいい!という方にはオススメです。

このカードの基本的な還元率は0.5%。

高いワケではない。というより、低いです。

なんでそんな還元率が低いカードの話がここで出て来るかと言うと、ネットショップの「VIASO eショップ」を経由して還元率が1%〜最大10%まで跳ね上がる、スペシャル高還元率カードに変身するからです。

「VIASO eショップ」って何ぞや?

そのサイトを経由して登録されてる店舗で買い物するだけで、普通に買うよりポイントとかがアップするっていうサイトで、VIASOカードを持ってる人だけが利用できます。

パソコンでお気に入り登録しておけば、VIASO eショップをいきなり開いて店舗へ移動することができますので、案外簡単です。

こんな感じのサイトです。

viaso_shop

そこで重要になって来るのが、どんな店舗があるのか?

いくらポイントを多くくれるからと言っても、アナタにとってまったく興味も必要性もないような店舗しかなければ、まったく意味がありません。

画像でも見えてますが、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングにApple Store、ビックカメラやベルメゾンと、日本で生活してるなら知らない人はいないではないか?ってぐらい有名なネットショップが名を連ねてます。

一般的に言うところの「ネットで買い物」をするときのサイトなら、VIASO eショップで困ることはまずないと言えるでしょう。

楽天やAmazonなんかで買い物をするときはVIASO eショップを使ってVIASOカードで買い、それ以外の場面ではリクルートカードプラスやREXカードなんかの高還元率カードを使うようにすれば、トータルでの還元率をアップさせることができます。

VIASOカードのメリット

ネットショッピングに特化している

VIASO eショップ経由なら、還元率が1%から、最大で10%ととんでもない還元率になってしまいます。
クレジットカードをネットショッピングで使うことが多い方であれば、VIASO eショップ専用で持っておくのもアリですね。

1000ポイント貯まったら勝手に1,000円のキャッシュバック

カードを使って貯まったポイントは、申請などの手続きをしなくても、1000ポイント貯まれば自動的に1,000円キャッシュバックされます。

普段からポイントの事を気にしなくてもいいのは、結構嬉しいです。

VIASOカードのデメリット

楽天Edy、モバイルSuica、Smart ICOCAのチャージは出来るものの、ポイント付与されない

電子マネーにはすこぶる弱いカードですね。

ただ、ネットショッピングだけに特化したカードなので、メインで使っている、電子マネーでポイント付与されるクレジットカードで電子マネーをチャージするのが現実的です。

保険はほとんど付帯していない

海外旅行傷害保険は利用付帯、ショッピング保険は海外利用か分割・リボ払い、楽Pay登録での付帯なので、基本的にないものと思った方がいいですね。

分割やリボもそうですが、楽Payというのも登録すると毎月固定額だけを支払う自動のリボ払いなので、高還元率を期待する場合には無縁なサービスになります。

ただ、このカードがネットショッピングに特化していることを考えても、海外で使う場面というのも考えにくいですね。

強いて言えば、メインのクレジットカードがJCBかAMEXで使えず、仕方なくVISAやMaster Cardがついてるこのカードを使ったって場面ぐらいでしょう。

最低限とも言える紛失・盗難保険とネット不正利用保険こそ付帯しているだけで、ある意味十分とも言えます。

ただ、年会費が無料のカードなので、その辺は別のカードを作ってカバーするのもよし、クレジットカードに保険なんて求めてない!って割り切るのもよし、かと思います。

ポイント有効期限が短いので、失効してしまう可能性がある

たいていのクレジットカードでは2年っていうのが目立つけど、このカードのポイント有効期限は1年。

1000ポイント貯まればキャッシュバックだから、年間で1000ポイント=20万円(還元率0.5%の場合)使わないと何も還元されないカードになってしまいます。

還元率が低いどころか、まったくない状態ですね。

ネットショッピングで活用すれば還元率は1%〜10%にはなるので年間10万円よりも利用額が少なくても達成できそうだけど、ネットショッピングの利用頻度によっては、作っても無駄なカードになってしまう可能性があります。

ETCカードは年会費無料ではあるが、発行手数料がかかる

ETCカードはポイント2倍、つまり還元率が1%になるものの、還元率1%を簡単に上回ってカード本体やETCカードも年会費無料はそんなに珍しくはありません。

しかもたたでさえ還元率に大きな魅力がないのに発行手数料が1,000円+消費税かかるという有り様なので、このカードであえてETCカードを作るメリットはないですね。

強いて言えば、他のクレジットカードの審査が通らないがETCカードを作りたいとき、ぐらいでしょうか?

VIASOカードまとめ

  • ネットショッピング特化で年会費無料のカードなので、ネットショッピング専用に使うサブカードとして最適。
  • 言い換えると、ネットショッピング以外ではイマイチなクレジットカードなので、普段使うのは別の高還元率クレジットカードにしたい。

年間利用額ごとの実質還元率

年間利用額ごとのシミュレーショングラフ

年間で得する金額一覧表

年間利用額 実質還元率 得する金額 年間利用額 実質還元率 得する金額
5万円 0% 0円 105万円 0.5% 5,250円
10万円 0% 0円 110万円 0.5% 5,500円
15万円 0% 0円 115万円 0.5% 5,750円
20万円 0.5% 1,000円 120万円 0.5% 6,000円
25万円 0.5% 1,250円 125万円 0.5% 6,250円
30万円 0.5% 1,500円 130万円 0.5% 6,500円
35万円 0.5% 1,750円 135万円 0.5% 6,750円
40万円 0.5% 2,000円 140万円 0.5% 7,000円
45万円 0.5% 2,250円 145万円 0.5% 7,250円
50万円 0.5% 2,500円 150万円 0.5% 7,500円
55万円 0.5% 2,750円 155万円 0.5% 7,750円
60万円 0.5% 3,000円 160万円 0.5% 8,000円
65万円 0.5% 3,250円 165万円 0.5% 8,250円
70万円 0.5% 3,500円 170万円 0.5% 8,500円
75万円 0.5% 3,750円 175万円 0.5% 8,750円
80万円 0.5% 4,000円 180万円 0.5% 9,000円
85万円 0.5% 4,250円 185万円 0.5% 9,250円
90万円 0.5% 4,500円 190万円 0.5% 9,500円
95万円 0.5% 4,750円 195万円 0.5% 9,750円
100万円 0.5% 5,000円 200万円 0.5% 10,000円
  • この表では、ネットショップでの還元率アップは考慮していません。
  • その場合、年間利用額20万円に満たないとポイントが失効してしまいます。

VIASOカードのスペック

発行元 三菱UFJニコス株式会社
国際ブランド MasterCard
年会費
(税込)
本人カード 無料
家族カード
ETCカード 無料(新規発行手数料1,080円)
付帯保険 海外旅行
傷害保険
最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行
傷害保険
ショッピング
保険
このカードでの購入日から90日以内の
破損・盗難等の事故に対し
年間最高100万円
楽Pay登録時のみ自動付帯
紛失・盗難
補償
ネット
不正利用
保険
NICOSネットセーフティサービス
ポイント還元率 0.5%
ポイント名称 VIASOポイントプログラム
ポイント付与条件 個別明細ごとに100円につき0.5ポイント
ポイント有効期限 獲得月から
1年間(12ヶ月)
ポイント交換方法 入会月を基準として12ヶ月ごとに
1000ポイント→1,000円を指定口座にキャッシュバック
会員専用ネットサービス Web会員サービスNet Branch
ポイントモール VIASO eショップ
支払い方法 1回、2回(手数料無料)、ボーナス、分割、リボ
支払日 5日締め当月27日払い
金利手数料 リボ 15%
分割 12.25%〜15%
海外利用手数料 1.63%
付属電子マネー
対応電子マネー edyロゴ チャージ可
ポイント付与対象外
nanacoロゴ  チャージ不可
mobile_suicaロゴ チャージ可
ポイント付与対象外
icocaロゴ

高還元率カードオススメランキング