リーダーズカードは2015年12月から還元率1.32%に改悪

リーダーズカードキャッチ

年会費 ポイント還元率 ポイント名称 国際ブランド
2,700円(税込)
※初年度無料
※年間50万円利用で
翌年度無料
1.32%
(Amazon限定
デポジットと交換)
Reader’s Card
ポイント
visa
旅行傷害保険 追加カード 電子マネー 最短発行日数
海外:最高2,000万円
(自動付帯)
国内:最高1,000万円
(利用付帯)
追加カード edyロゴnanacoロゴ
mobile_suicaロゴicocaロゴ

※楽天Edy、nanacoは
ポイント付与対象外

最短10日

※還元率のシミュレーションはこのページの1番下で試算しています

リーダーズカードの申し込みはこちら

これまでは、Amazonユーザーには絶対オススメできるカードでしたが、2015年12月からポイント付与率が改定されてしまい、一気に魅力が落ちてしまいました。

ただ、改定後もポイント還元率は1.32%と、数多く存在するクレジットカードの中では、かなり高い水準であることは間違いありませんが、今から新規で申し込んで使うことはあまりオススメできない内容になっています。

女性向けデザインもある

リーダーズカードフロス

あまりにデザインがちがいすぎてまったく別のカードに見えますが、女性向けデザインのリーダーズカード・フロスもあります。

とは言え、デザインがちがうだけで年会費やポイント付与、付帯保険などはリーダーズカードとまったく同じで、特に女性向けのサービスが付帯している訳でもありませんし、男性でも申し込んで持つことができます。

リーダーズカードのメリット

2015年12月からポイント付与率が改定され、これまでとくらべると魅力は半減しましたが、それでもまだメリットはいくつかあります。

カードデザインが好評

このカードのデザインは、高還元率のクレジットカードの中ではかなりよい評価を得ています。

これは個人の好みによるところが大きいですが、券面デザインのカッコよさに重点を置きつつ、その中で比較的多くのポイントで得できるカードを選びたいという場合には、かなりオススメできます。

年間50万円のカード利用で年会費が無料

年間利用額50万円を超えれば、翌年度は2,700円(税込)の年会費を支払う必要がなくなるので、純粋にカードを利用して獲得したポイント分得をすることができます。

モバイルSuicaとSmart ICOCAでポイント満額付与

mobile_suicaicocaモバイルSuicaとSmart ICOCAという、JR東日本と西日本の日本の大半の地域をカバーする鉄道系電子マネーチャージでも満額のポイントが付与されます。

お住まいの地域によるとは思いますが、恩恵を受けられる可能性は高いと言えます。

リーダーズカードのデメリット

メリットをいくつか挙げさせていただきましたが、冒頭でも2015年12月からはポイント付与率が改悪され、あまりオススメできなくなったと書きました。

その理由と、代替策をご紹介したいと思います。

最高還元率になる場面がまったくない

これまでは年間利用額50万円から100万円の間であれば、このカードはもっともポイント還元率が高いカードでしたが、2015年12月のポイント改定により、どんな使い方をしてもこのカードが最も得になる場面がなくなってしまいました。

少しでも多くのポイントが欲しい!という考えでクレジットカードを選ぶ場合、このカードは選択肢にはなり得ません。

2015年12月からは、リクルートカードプラスがダントツでお得

還元率1.32%を実現するにはAmazon限定

このカードはポイント分を請求額から直接差し引いてくれるJデポというものにもポイント交換できますが、それだと還元率が1.1%と低くなってしまいます

このカードの実質還元率を最大まで引き出すまでには、インターネットで有名なAmazonのみで利用できるAmazon限定デポジットと交換しなければなりません。

書籍やDVDのみならず、多くの品物を取り扱っているAmazonで買うものがない、という場面はあまり想像できませんが、他にこのカードよりもポイント還元率が高いカードが多くある中で、ポイントの利用方法が限られてしまうのはデメリットと言わざるを得ません。

Amazon限定デポジットの有効期限は2ヶ月

カードのポイント自体は有効期限が2年間あるのですが、これをAmazon限定デポジット6,000円分に交換した場合、2ヶ月以内に使い切らないと失効してしまいます。

なので、Amazonで2ヶ月のうちに6,000円以上の買い物をすることがないという人には、特に適していません。

Amazon最強はOrico Card THE POINT

これまではAmazonで買い物するとき、このカードでジャックスモールを経由すればポイントが0.5%が加算されることによりAmazonで最も多くのポイントを獲得できるカードでした。

今でもジャックスモールのポイント加算は受けることができますが、2015年12月からはポイント付与率の影響でそのメリットはなくなってしまいました。

2015年12月からのAmazon最強カードはOrico Card THE POINT

Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、ネットショッピングに特化しているのがウリのカードで、オリコモールを経由すればAmazonではいつでもポイント還元率2%、さらに入会6ヶ月以内なら3%と、破格の還元率を誇ります

年会費完全無料のカードなので、Amazonで買い物するためだけに持っておいても損はありません。

g_official01
g_detail02

年間50万円以上利用できなければ年会費が発生

年間50万円の利用がなければ年会費2,700円(税込)が発生するので、実質還元率は1.32%にはなりません。

その上、年間16万円以下の利用であれば、ポイントをもらったところで年会費すら補うことができず、結果的に損してしまいます。

年間5万円〜117万円の利用でP-one Wizが最高還元率1.5%

P-one Wiz
pone_wiz

リーダーズカードのポイント付与率が改悪された事により、このP-one Wizが繰り上げで最高還元率のカードとなりました。

年間利用額50万円〜100万円で最高還元率となるカードを持つのであれば、現状ではP-one Wizがオススメです。

このカードは年間5万円〜117万円の間で最高還元率のカードでありながら年会費完全無料なので、年間利用額をこれまでよりも気にする事なく使うことができます。

g_official01
g_detail02

楽天Edyとnanacoのチャージはポイント付与対象外

チャージできないよりはましとも言えますが、これらの電子マネーを活用しているならポイントが獲得できないのはもったいないです。

電子マネーチャージは、他のポイント付与されるカードを使うようにしましょう。

電子マネーチャージはリクルートカードでカバー

リクルートカード
recruit

リクルートカードは、年会費完全無料で楽天Edy・nanacoなどのチャージで1.2%のポイントが付与されます。

獲得したポイントの有効期限も最後に獲得してから1年間で、実質無期限なので損する心配はまずありません。

VISAとJCB、2種類の国際ブランドを選択できますが、電子マネーチャージが目的ならVISAブランドを選びましょう。

 

g_official01
g_detail02

ショッピング保険は付帯しない

不正利用や盗難保険といった必要最低限の保険こそ付帯していますが、ショッピング保険がありません。

年間利用額50万円以上で年会費無料になるカードなので、このカードを持つ時点である程度高額な買い物でもカードを使うことになると思いますが、ショッピング保険がないのは不安があります。

ショッピング保険付帯の年会費無料カード

P-one Wiz
pone_wiz

P-one Wizはこのカードよりも高い還元率1.5%でありながら年会費完全無料で、年間50万円(免責3,000円)のショッピング保険が付帯しており、このカードで購入してから90日間補償されます。

家電などのショッピング保険を適用させたい買い物をするときは、こちらのカードを使ってショッピング保険を適用させるようにすると万全です。

g_official01
g_detail02

リーダーズカードまとめ

  • 2015年11月までは年間利用額50万円から100万円の価格帯で最高還元率1.8%を誇っていたが、ポイント付与率が1.32%に改悪され、現在はP-one Wizがこの価格帯で最高還元率
  • これまでAmazon最強カードだったが、2015年12月からはOrico Card THE POINTが最強
  • 改悪されたとは言え、ポイント還元率1.32%と言えばそんなに悪い数字ではないが、今となってはこのカードをオススメできる点は、カードデザインぐらい

リーダーズカードの申し込みはこちら

年間利用額ごとの年会費を考慮した実質還元率

シミュレーショングラフ

リーダーズカード実質還元率グラフ

 年間で得する金額一覧表

年間利用額 実質還元率 得する金額 年間利用額 実質還元率 得する金額
5万円 -5.40% -2,700円 55万円 1.32% 7,260円
10万円 -2.70% -2,700円 60万円 1.32% 7,920円
15万円 -1.80% -2,700円 65万円 1.32% 8,580円
20万円 -0.03% -2,700円 70万円 1.32% 9,240円
25万円 0.24% 600円 75万円 1.32% 9,900円
30万円 0.42% 1,260円 80万円 1.32% 10,560円
35万円 0.54% 1,920円 85万円 1.32% 11,220円
40万円 0.64% 2,580円 90万円 1.32% 11,880円
45万円 0.72% 3,240円 95万円 1.32% 12,540円
50万円 1.32% 6,600円 100万円 1.32% 13,200円

リーターズカードのスペック

発行元 ジャックス
国際ブランド visa
年会費 本人
カード
初年度無料
2年目以降2,700円(税込)
(ショッピング年間利用額50万円で翌年度無料)
家族
カード
初年度無料
2年目以降432円(税込)
(ショッピング年間利用額50万円で翌年度無料)
最大3枚まで発行可能
ETC
カード
無料
付帯保険 海外旅行
傷害保険
最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行
傷害保険
最高1,000万円(利用付帯)
ショッピング
保険
盗難・紛失
保険
カード盗難保険
ネット不正
利用補償
ネットあんしんサービス
ポイント還元率  Amazon限定
デポジット
1.32%
Jデポ 1.10%
ポイント名称 Reader’s Cardポイント
ポイント付与条件 1,000円ごとに11ポイント
ポイント交換  Amazon限定
デポジット
5000ポイント → 6,000円分(還元率1.32%)
3500ポイント → 4,000円分(還元率1.25%)
Jデポ 5000ポイント → 5,000円分(還元率1.1%)
3500ポイント → 3,500円分(還元率1.1%)
ポイント有効期限 2年
支払い方法 1回、2回(手数料無料)、ボーナス、分割、リボ
※海外利用は1回のみ
支払日 月末締め翌月27日払い
金利手数料 分割 12.25%〜15%
リボ 15%
海外利用手数料 1.63%
付属電子マネー なし
対応電子マネー 楽天edy  チャージ可、ポイント付与対象外
nanaco
mobile_suica ポイント満額付与
icocaロゴ

リーダーズカードの申し込みはこちら

高還元率カードオススメランキング